伊勢安土桃山城下街

会社概要

ご挨拶

平成5年4月27日に「伊勢戦国時代村」として開村した現在の「伊勢安土桃山文化村」も皆様に支えられて、おかげ様をもちまして平成30年に25周年を迎えます。日本のテーマパーク元年は、一般的に1983年(昭和58年)の東京ディズニーランド誕生だといわれています。それから三十数年を経て「東のTDL、西のUSJ、それ以外の所はどうも‥」という話を耳にすることもございます。 一口にテーマパークと言っても各施設の規模や個性によって、様々な役割があると思います。

「伊勢安土桃山文化村」の役割は、一つのテーマのもとに“人と人とがつながる場所”を提供することだと思います。役者とお客様との交流、そして一体感、生身の人間の発する声や動き、表情、所作、音…そこにはプロの演者として培われた技術がまさしく演技となって、体現されます。デジタルでは体験できない、そこに行かないと味わえない生のライブ体験こそが、真の感動や笑いを生み出します。

ライブパフォーマンスによって、人と人とがつながる場所を提案し、創造することが地域を活性化させる重要なキーワードでもあると私たちは思っております。
これからも時代劇をテーマに少しでも地域住民の方やお客様に愛され、満足していただけるように心掛けまして営業を継続することで、皆様へのご恩返しとさせていただきたいと思っております。
時代劇がいつの時代においても“日本人の心のふるさと”であることを信じながら、村民一同邁進する所存です。
今後とも何卒ご声援、ご鞭撻を賜りますよう深くお願い申し上げます。

株式会社 伊勢安土桃山文化村代表
柳瀬 公孝

会社概要

社名 株式会社 伊勢安土桃山文化村
本社 〒519-0603 三重県伊勢市二見町三津1201-1

沿革

1993年(平成5年)4月 日本列島時代村構想の一環として大新東グループ、伊勢戦国時代村株式会社により日本最大級の時代劇テーマパークとして開村
1996年(平成8年)1月 安土城完成公開
2001年(平成13年) 累計来場者数500万人突破
2003年(平成15年)4月 「伊勢戦国時代村」から「伊勢安土桃山文化村」に名称変更
2005年(平成17年) 株式会社伊勢安土桃山文化村として独立分社化
2017年(平成29年) 三期に分けてリニューアル。第一弾は4月下旬リニューアル予定