2019.10.01(Tue)

更新)現代版『数珠丸恒次』の制作に向う鎚で参加しよう!

    日本刀公開鍛錬所では毎週土日に藤原刀匠による折り返し鍛錬の作業を公開。

    ことしのテーマは『天下五剣』

    現在(2019.10月)、刀匠が作刀しているのは現代版「数珠丸恒次」(※読み:じゅずまるつねつぐ)。

    これで4作目にかかっております。

     

    ここで玉鋼から刀を作る過程のひとつ、折り返し鍛錬の作業風景を見ていただくことができます。1300℃にも達する炎で熱した玉鋼を叩いて伸ばし強くする鍛錬。部屋に入るだけで火の熱気を感じられます。近くで作業する刀匠は汗だくです。何度か鍛錬を繰り返した後、人数限定で希望者には鎚を持って刀匠の相槌、向う鎚を打つ体験をしていただけます!

    将来、出来上がった作品は隣接する「刀剣館」にて展示予定。公式twitterなどでお知らせしますので、作品も見に来てくださいね。

    ◆刀剣館・公開鍛錬所 twitter

    ここまで体験できる本格的な鍛錬場は他にもなかなかありません。観覧はもちろん、ぜひ遠慮せず向う鎚に参加ください。

    日本刀公開鍛錬場

    公開鍛錬 開催日:毎週土曜、日曜 

     

    ※時間はその日のスケジュールをご確認ください